デビットカードの比較情報

デビットカードの比較情報

デビットカードを知っているでしょうか?
あまり耳にしたことが無い人もいるかもしれませんが、簡単にこのデビットカードのことを説明すると、金融機関、銀行のキャッシュカードを使って買物などが出来るカードのことをいいます。
キャッシュカードなので、クレジットカードのような使い方ではなく、預金口座に入っている金額内で利用することが出来るカードのことです。

 

では、何故このデビットカードを勧めるのか?というと、みなさんも銀行に預けたお金はATMで引き落としていると思います。この引き落としのときにコンビニなど、または他の金融機関のATMでは100円から200円の手数料が引き落とされているのは知っていると思います。

 

もしも、月に3回から4回はATMを使ってお金を引き出していたとしたら、ひと月の最大手数料は800円ほど、これが一年間で計算すると、9,600円です。
一年間で約10,000円の手数料が取られていることになります。

 

この手数料を支払うのを止めたいと思えば、口座を作った金融機関へ行って引き落とすか、手数料無料のATMを使うかの方法しかありません。

 

そんな都合の良いATMも、お金を引き出したいと思ったときに近くに自分の口座を作った金融機関があることは少なく、もっぱらコンビニのATMを使っていると思います。

 

そこでデビットカードを使えば、この手数料を支払うことなく、口座のお金で買物が出来るばかりか、デビットカードを作る金融機関や利用するお店によってはポイントまで付きます。

 

ここでは、そんなデビットカードを作るときに参考になる比較情報を、いくつかの比較項目に分けて紹介をしていきます。

デビットカードを使うメリット

デビットカードには、クレジットカードとは違うメリットがあります。
クレジットカードを使うにはクレジットカード会社からの審査がありますが、デビットカードは、発行する銀行から審査はありません。
そのため、クレジットカードでの審査が通らなかった人が、デビットカードを作るということも出来るのです。
また、デビットカードのメリットとして、海外でも利用することができるという点があります。
海外でも使えるカードなら、クレジットカードも同じじゃないか、と思ったかもしれませんが、デビットカードは海外で現地通貨をATMから引き出すことができるのです。

 

海外旅行では、クレジットカードのほうが便利だから、クレジットカードを持っていくという旅行者も多いと思いますが、海外旅行でつい沢山の買い物をしてしまったりして、旅行から帰ってきて、翌月からの支払い額に目を剥いてしまった経験を持つ人もいるでしょう。

 

デビットカードでは、指定口座に入って金額以上を利用することができませんから、こうした事態を防ぐことが出来ます。

 

また、日本よりも海外のほうがデビットカードを頻繁に使われていることから、買い物をしてデビットカードが使えませんといわれる機会も少ないと思います。

 

デビットカードはクレジットカードと同じくポイントを貯めることもでき、クレジットカードでよくある使いすぎということも未然に防ぐことができることがメリットです。

デビットカードが使える場所

日本ではあまりデビットカードを使った支払いって聞いたことが無いのではないでしょうか。
デビットカードを使ってみたいけど、日本国内で利用できる場所が少ないのであれば、持つ必要はないのでは?と思ったのではないでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。

 

ここ最近で、日本でもデビットカードが使える場所が増えてきています。
まず、デビットカードが使える場所として、VISAやマスターカード、JCBといったカード会社の加盟店で利用することができます。
ただし、カード会社に対応したデビットカードでないと利用できないので注意してください。

 

他にも、コンビニエンスストアでもデビットカードを使うことが出来ます。
コンビニでクレジットカードを使って公共料金の支払いをする人も多いと思いますが、これと同じことがデビットカードでも出来ます。

 

また、コンビニでの支払いだけではありません。
最近はインターネットでショッピングを楽しむ人も増えています。デビットカードでは、各インターネットショッピングが対応しており、クレジットカードと同じようにショッピングを楽しむことが可能です。

 

インターネットといえば、インターネット料金の支払いや携帯電話料金の支払いも、クレジットカードを使っていたと思いますが、デビットカードでこれら料金の支払いもできます。

 

色々な場所でデビットカードの利用できる場所は増えています。しかし、まだ完全ではありません。デビットカードを使うときはカードを使えるか事前に確認をしておく必要があるでしょう。